消費者金融 金利

消費者金融の金利

消費者金融のメリットは簡単に素早くお金を借りることができることです。

 

しかし簡単に借りることができますが、金利は高くなるのが消費者金融です。担保・保証人なしでお金を借りることができ便利ですが、銀行と比較するとやはり高くなりますい。

 

テレビのCMなどで見かける消費者金融の多くは会社によって金利が異なりますが、実質年利は4.5%〜18%の間で利用限度額が300万円〜500万円までになっています。
銀行系などは3.5%〜14.6%程度になっており、消費者金融の金利の高さがうかがわれます。このように金利が高くなるほど審査が甘く、金利が低いほど審査は厳しくなると言われています。
日本では利息制限法の法律があり、10万円〜100万円未満のキャッシングでは18%以上の利息は取ってはいけないと定められていますが、10万円未満の借入は実質年利20%までになっています。

 

保証人も担保もなく簡単に借りることが出来る代わりに高い金利を支払うのが消費者金融です。消費者金融からお金を借りるということはそれなりにリスクが伴うということを認識しておく必要があります。